アニメ業界における仕事内容を説明

振り返ってみると、どんな人にも一度はアニメに触れる時間があったと思います。特に子供の時代には欠かせないものだったことでしょう。特に最近では海外においても日本のアニメは根強い人気があり、専用のコミュニティなどの催し物が開かれています。このようなことから、職業としてアニメに携わることを目指す若者が多く非常に人気が高く、競争が激しいのも特徴です。具体的には漫画家や声優などアニメに係わる仕事は様々ですが、それに伴う給料にも差があります。例えば、おそらくほんの一握りの成功者で誰もが名前を知っている売れっ子の漫画家や幾つもの代表作がある声優であれば給料は格段に跳ね上がるでしょうし、そうでなければアニメ関係の仕事だけで生計を立てることも残念ながら難しく、そういった意味ではやりがいがある職業と言えるかもしれませんね。

アニメの仕事にはどんなものがあるのか?

ひと言で、アニメ業界で働くと言っても先に述べた漫画家や声優などの誰もが知ってはいるが、非常に成功することが難しい職業以外にはどんなものがあるのでしょうか?主にアニメを制作するには二つに分類されます。まずは制作を推し進めていく業務で具体的には漫画家やアニメの制作スタジオなどに依頼した動画・原画を引き取りに行ったり、スケジュールの作成や時には送迎や背景などの撮影を含めた雑務も業務になります。もう一つの職業はアニメ制作をつかさどるアニメーターで、動画専門→原画専門→作画監督→演出、そして最後には制作監督と徐々にステップアップをしていく業務になります。ただし、この仕事に就くのには当然ながら、それなりの絵の上手さが求められますし、それ以外にもメンタルの強さやその大元となるだろう体力的な強さも要求されることでしょう。

実際にアニメの仕事は職業として成り立つものなのか?

アニメーターを夢見ている方の目標としては当然、成功者の証しである有名クリエーターを目指してアニメ業界の門をたたきますが、成功して独立までたどり着ける確率はわずか数%で、ほとんどの方がいわゆるサラリーマンの年収を大きく下回る程の低い収入であり、また時間をかけて動画専門から原画専門に移ることで十分な勉強期間を与えられないことが原因で夢半ばでアニメの仕事からフェードアウトする人もいると言われています。具体的な給料としては入りたての新人で月5万以下、中堅どころでも10万以下で良くても15万程度と言われています。また一般的にはアニメーターのおおよそ3割の方は年収が100万円にも満たないと言われております。このような給与面でもわかるようにアニメの仕事は、やはり夢を持った人が目指す業界と言えるかもしれませんね。

実際に使用していた絵コンテやシナリオ、原画がプリントされた独自のセミナーシート(講義資料)を使用してセミナーを行います。 JR秋葉原駅電気街口より徒歩2分の位置にあるUDXギャラリーネクスト( 秋 葉 原 U D X 4 F )NEXT-1でセミナーを開催します。 アニメーターなどの仕事ならアニセミがおすすめ!