アニメ会社での仕事の求人の探し方を解説します

深夜アニメなど見ていると、時々アニメ関連の仕事や専門学校のCMが流れる事があります。また有名なアニメスタジオはアニメスタジオ自体をCMしています。またオープニングやエンディングには制作会社が最後にテロップに出てきます。入りたいアニメ会社がある方は、実際にその会社に質問をして求人があるのかを尋ねる方法もあります。またアニメ関連の専門学校に入学して、入りたいアニメ会社の求人を探す方法もあります。また有名スタジオの下請けを探す方法もあります。これは有名なアニメ会社は、社員も少数精鋭である場合もありますので、下請けなどで実力を積む必要があるからです。日本を代表するアニメ制作会社などは、入りたい人も多いですから、なかなか希望したからと言って入れない、という点は通常の就職活動と同じです。

アニメの仕事はさまざまな内容がある

アニメ関連のお仕事の内容の大きな部分としては、映像と音声と編集です。音声は音響効果や音楽、そして声優さんたちの演技です。編集は映像と音響を合わせて、完成させる作業であり、また映像からさらにCGで加工をする場合もあります。声優さんや音響と呼ばれる方たちは、同じアニメ関連のお仕事でも、入っていくルートが少し違いますが、映像関連の多くはセル画の色塗りや、原画から動きを付ける下絵を描くなどの、下積みから始まります。監督をされている方も、最初はこの下積みから始めている方ばかりです。この下積みの時期は、一枚完成させたものが、給与になり、何枚描いても完成できなければ給与には反映されないというシビアな世界です。ですからアニメ業界に入る場合、最初に貯金をしておくことを勧められます。

アニメの仕事は給与が安いが夢がある

給与が低いという点では声優さんの世界でも同様で、1年目から大きな役が来ることは少ないです。またアニメ業界自体が、なかなか他の業種と比べ給与が低いことで問題になっています。仕事として成り立つまでに時間がかかるので、援助やバイトなどでまかなう人もいます。このような現状を変えるためにアニメ会社を月給制にしていく動きが出てきています。まだまだ一部ですが、セル画を描いてお金に換えるという状況よりも安定しますので、却って仕事に集中できる環境を作る事ができます。ただやはり他業種に比べると、給与が少し低い状況が多いですから、まだまだ改善の余地があるようです。テレビという世界は色々多くの見えない部分がありますが、画面の向こうには娯楽を求めて楽しみにしている方々が多くいることを覚えていてほしいです。