アニメ業界の給与について解説いたします

今や日本の文化としてアニメ作品というのは世界的な知名度を誇っています。日本国内においても老若男女問わず親しまれているアニメ作品ですが、その製作に携わる仕事をすべて理解している人は少ないでしょう。学生にとってはアニメーターや声優といった職業は人気がありますが、どのような職業なのか知らない方もまだまだ多くいます。また、そのイメージからアニメーターや声優などの職業は給料と仕事量の割合がおかしいとの考えを持たれる場合もあるので、今回はアニメに関する職業の給料や仕事内容についてご紹介します。人気コンテンツであるアニメ作品の裏側がどうなっているのか知ることができれば、アニメ制作に携わる職業の方への見る目も変わってくるでしょう。給料だけがアニメ制作に関する職業の判断指標ではないのです。

アニメーターや声優の仕事内容の詳細

数十年前までは声優という職業は一般的ではなく、アニメ制作の現場を裏で支えている役割でした。しかし、近年の声優は声のお仕事だけでなく、歌って踊れて容姿も整っていることが売りのマルチタレントのような存在へと変わっています。キャラクターの声を当てている知らない人から、誰もが憧れるアイドルのような職業となったのです。声優とは逆にアニメーターが表舞台に出ることはまずありません。アニメ作品をテレビで放送するためにキャラクターの動きをデッサンし、動画へと昇華させていくのが彼らの仕事内容です。たった1秒の映像を作るために何枚もの絵を描き、キャラクターなどの動きが滑らかに見えるように努力しているのがアニメーターなのです。アニメ作品が知名度を得た背景には彼らの努力がたくさん詰まっています。

アニメ関連の仕事で気になる給料とは

アニメーターも声優も新人の頃は全くと言っていいほど給料をもらえません。月に十数万円が手取りで、まったく仕事がなければ0円ということもあり得るのです。この実態を知ってアニメ制作に携わる夢を諦めてしまう方々も非常に多くいます。しかし、それでも夢を諦めずに仕事を続けていくことで、徐々に仕事も増えて給料も上がっていきます。アニメーターや声優の場合、ステップアップすることで給料も上がっていきます。ベテランクラスの声優ともなれば、アニメ1本の仕事で約5万円ももらえて、誰もが知っている売れっ子の声優ともなればトータルでもっと稼ぐような方もいるほどです。アニメーターも同様で監督などの役職がつくことによって収入というのも約束されます。どちらも最初の苦しい時期を乗り越えてこそ安定した生活を得られる職業なのです。