国内産のアニメを制作している会社の仕事に密着します

近年非常に人気を得ているのがアニメ関係の仕事です。日本のアニメ文化は世界的に見ても非常に有名であり、国内だけにとどまらず、海外でも日本のアニメ関係の仕事は人気の上位にランクインしています。アニメ関係の仕事に就きたいと希望する学生も軒並み急増していますが、実際にはどんな仕事があるのかあまり知らない人も多いです。一口にアニメ関係といってもその仕事内容はさまざまです。例えばマンガなどの原作からアニメを作る場合、その立案や企画を行う人からアニメーター、CGクリエイター、音響や声優などがあります。また実際にアニメを作る以外にもアニメに携わる仕事も多く、販売や販売管理、関連商品の開発などがあります。アニメに携わりたい場合、具体的にどんな職種につきたいのかもしぼっていかなければなりません。

アニメーターの仕事と内容と給与とは

アニメに携わる仕事がしたいという場合の多くはアニメーターや声優といったアニメの制作に携わる仕事を夢見る人が多いく、アニメに関わる仕事の中でも特に人気の職業といえます。アニメーターとはアニメに登場する人物などのキャラクターやその背景などを1枚1枚イラストにして制作していく仕事です。アニメーターの平均年収は300万円程度が多く、作業時間も1日に10時間以上になることも多いため非常に大変な職業であるともいえます。こうしたアニメーターになるためには専門の.学校を出ていることが望ましいです。こうした専門の学校を卒業することでアニメーターに必要不可欠なデッサン力を身に着けることができます。また最近ではパソコンも必須であるため、ソフト等を使いこなすスキルも身に着けることが求められています。

人気の職業である声優の仕事内容と給与とは

アニメ関係の仕事で人気が高いのはアニメーターの他に声優もあげられます。声優については多くの人に知られていることが多い職業で、声で演技し、アニメーションにあわせて声を収録していきます。裏方の仕事にはなりますが、最近では人気の声優さんはアニメだけでなく、ナレーションを行ったり、テレビ出演したり、歌を歌いCDを発売し、コンサートを開催したりする人もいるため、露出度が高く、それに伴い声優業が人気を得ていると言われています。しかしながら声優を目指す人は非常に多く、実際に仕事を行える声優はごく一部であるため狭き門だと言われています。給与についても大きな差があり、新人だと月に3万円程度しかもらうことができない人も多いです。声優も専門的な学校に通って、卒業後はプロダクションに所属するなど道のりは厳しくなっています。